「楽観主義」と「悲観主義」のどちらが良いのか?

「楽観主義」と「悲観主義」のどちらが良いか?

結論から先に言えば、「適材適所」ということになる。

楽観的に考えたほうがいいときは楽観的に考えるべきだし、悲観的に考えたほうがいい場面もある。その違いについて知っておくと、今後役立つことは多いだろう。

参考にしたのは、エリック・バーカー著の『残酷すぎる成功法則』。

ここで述べたトピック以外にも、様々なライフハック(成功法則)が書かれている本なので、けっこうおすすめ。下手な啓発本を読むよりよっぽど為になるぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする