自分が何に快楽を感じているか自覚的であるべきだし、長期的に楽しめるものを選ぶべき

日頃から、自分がどういうものから快楽を得ているのか、メタ的に分析することの大切さを書いた。

その行為で快楽を得ていることに自覚がなく、中毒になってしまっている人は少なくない。

「楽しさ」の種類と構造を自覚し、長期的に楽しめる趣味を身につけることが、豊かな人生に繋がる。

例えば、同じ「ゲーム」にしても、刹那的な射幸心を楽しむものよりも、感じることの多い芸術性の高いタイトルを選んだほうが、長期的に得られる快楽は大きいだろう。

コンシューマーゲームは素晴らしい作品が多いが、ハードとソフトを買ったり環境を構築するのにやや手間がかかる。ゲームとは言え、ちゃんと遊ぶにはちょっとしたハードルを超える必要があるのだ。

全力でハマれるゲームを探している人は、本ブログの「【PS4神ゲー】プレイステーション4ソフトのおすすめランキング」などの記事を参考にしてみてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする